ワセリンはコスパ最強の美容アイテム!6つの使い方と注意点

健康・美容・食事

こんにちは!上海在住・美容フリーランスのSAYAKA@SayakaN914です!

30代も半ばに差しかかると、お肌の乾燥が20代とは比べ物にならないくらいヒドイ!と感じることが多いのではないでしょうか?

そうなると気になるのが、唇のひび割れやお肌のシワ!

歳を取るのは避けられないけど、いつまでも見た目を若々しくしていたい!

それを少しでも改善してくれるのがこちら、ワセリンです!

美容業界12年の私もヘビロテするほど、ワセリンは本当にやばいです!

お友達にもオススメし、乾燥が良くなった!というお声も聞くそんな素晴らしいワセリンの良さを今日はご紹介していきます!

ワセリンって?

ワセリンは鉱物に属する石油(鉱物油)から精製された保湿剤です。

ワセリン、ヴァセリン(英語: Vaseline)は、保湿剤のひとつ。石油から得た炭化水素類の混合物を脱色して精製したもの。大部分は、分岐鎖を有するパラフィン(イソパラフィン)および脂環式炭化水素(シクロパラフィン、ナフテン)を含む。ワセリンという場合、一般的には白色ワセリン(英語: White Petroleum)を指す事が多い。英語での一般名は petroleum jelly であるが、日常会話では、同種の軟膏は包括して vaseline と呼ばれることの方が多い。
Wikipedia

石油(鉱物油)と聞くと、身体に悪そう!というイメージががあるかと思います。

そのようなイメージがあるのは、数十年前、不純物を多く含む石油(鉱物油)を配合した化粧品があったためであるとも言われています。

しかし、現代では精製技術が進歩したため、石油(鉱物油)は十分精製されているので安全性が高く、安心してお肌などに使用できます

ワセリンの種類

ワセリンは精製純度の違いにより「黄色ワセリン」「白色ワセリン」「プロペト」「サンホワイト」の4つに分けられます。

黄色ワセリン

4つの中で比較的精製度の低いものが黄色ワセリンです。

私も日頃からお世話になっているこちらの「ヴァセリン」

青色の蓋のパッケージでお馴染みはこちらに当てはまりますね!

 

白色ワセリン

黄色ワセリンに比べ精製度が高いものが白色ワセリンです。

一般的にワセリンは「白色ワセリン」のことを言います。

敏感肌の人にも刺激が少ないと言われています。

プロペト

白色ワセリンよりも精製度を高くしたものがプロペトです。

医療機関でも使われていて、主に目の周りなどの皮膚が薄い部分や唇などの粘膜などに使われます。

敏感肌で刺激が気になるという方にオススメですね。

 

サンホワイト

白色ワセリンの中でももっとも精製度が高く、不純物を可能な限り取り除いたものがサンホワイトです。

超敏感肌でも使えると言われていて、赤ちゃんにも安心して使えます。

サンホワイトP-1は太陽光による紫外線吸収の影響もほとんど受けないため、酸化しづらくお肌に優しく低刺激です。

黄色ワセリン→白色ワセリン→プロペト→サンホワイトという順に精製度は高くなっていきます。

ワセリンの使い方

唇のケア

ワセリンはリップクリームの原材料として使われることが多く、唇の荒れを防ぐことができます。

お時間がある方は、お風呂上がりにワセリンを塗ってからサランラップでワセリンパックをするとさらに唇がプルプルに生まれ変わります。

ハンドクリーム

2019年から始まったコロナウィルスによって、日常で「手洗い・アルコール消毒」をすることが増えましたよね。

そうするとどうしても気になる手の「乾燥」

ワセリンは保湿力が高く、手の乾燥も改善してくれます!

手を洗った後の水分が残っている肌に、米粒くらい少量のワセリンを手にとりしっかり塗り込みます。

スペシャルケアをしたい方は、ワセリンと手袋を使った寝る前のケアをオススメします!

寝る前にワセリンを手に塗り、手袋をして寝るだけ!

手は顔以上に年齢が出やすいところなので、ワセリンを使ってハンドケアしていきましょう!

アイクリームとして目尻のシワ予防

スキンケア後の仕上げにアイクリームとしてワセリンで目元を保湿しましょう!

米粒ほどの量を薬指にとり、両手の薬指ですり合わせ目元に塗ります。

ワセリンを塗る際は、目の下目元から目尻に向けて引き上げるように優しく塗ってくださいね!

かかとのガサガサ角質ケア

お風呂上がりにワセリンをかかとのガサガサしている部分に塗ります。

その後「かかと保湿靴下」を履いて寝るだけです。

寝ているときの圧迫感を避けるため、普通の靴下よりも「かかと保湿靴下」の方がオススメです。

朝起きるとかかとがしっとりすべすべになります!

かかとのガサガサが気になる寒い季節は、こちらのケア方法で角質ケアをしてあげてくださいね!

ヘアセット

ワックスやヘアスプレーのように髪の毛をまとめる効果もあるので、ヘアセットにも使えます。

つけすぎると髪の毛がベタベタしてしまうので、つける量は調整してくださいね!

クレンジング

ワセリンがクレンジングになるの!?

そうなんです。

ワセリンはメイクの汚れをスルッと落としてくれるんです。

ワセリンの正しいクレンジングの仕方

さくらんぼ1.5粒くらいの量を手のひらに乗せて両手で少し温めます。

柔らかくなったらお顔全体に馴染ませてメイクの汚れを落としていきます。

全体に馴染んだら濡らしたコットンでメイクの汚れを優しく拭き取ります。

その後ホットタオルで擦らないように優しく全体を拭き取り、いつものように洗顔をして終了!

私は1年以上ワセリンでクレンジングをしていますが、メイクが簡単に落ちるのでコスパの面も含めてワセリンクレンジングを手放せません!

またワセリンの油分でお肌が保護されるので、肌も潤っている感じがあり、乾燥が気にある方にはとてもオススメです。

ワセリンクレンジングの注意点

油性肌の方は、ワセリンクレンジンをすると洗顔後にベタベタすると感じてしまうかもしれません。

また油性肌ではなく、洗顔後はさっぱりしたテクスチャーを好むという方にはワセリンクレンジングは向かないかもしれませんので、ご自身に合った方法でワセリンを使用してください。

ワセリンを使用する際の注意点

ワセリンは安全性が高く、副作用は特にありません。

しかし、ニキビで炎症が起きている肌は、ワセリンの油分でニキビ部分の毛穴をさらに覆ってしまい炎症を悪化させてしまう可能性があるので、ニキビが気になる時は使用を控えた方が良さそうです。

またワセリンを塗った状態で直射日光に当たると、油焼けをしてしまう場合がありますので室内で使用することをお勧めします。

塗った後に外出する場合は、その部分を日傘や帽子などでカバーするなどして、直射日光を避けたほうが良いでしょう。

まとめ

美容の世界で長らく働きいろんな化粧品と出会ってきましたが、こんなにもコスパがよく万能なものは他にはない!と思うほどオススメのワセリン。

20代とは違い、30代はお肌の油分も少なくなってくる年代です。

ワセリンを使って適度に油分を補い、いつまでも若々しい乾燥知らずの肌を目指してきましょう!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

それではこの辺で!SAYAKA@SayakaN914でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました