中国の凄すぎる接客サービス!これが中国式おもてなしだ

上海生活

こんにちは!上海在住美容フリーランスのSAYA中平彩香@nakahirasayakaです!

日本が誇れる「おもてなし」

日々、上海でエステサロンマナーや接客を、中国の生徒さんに教える仕事をしているのですが

あるとき「中国の接客」って?と気になって、Google様で検索してみました

そしたら「中国 接客 悪い」が並ぶならぶ…

中国の田舎や路面の小さな店舗の接客態度は、まず置いときます。

しかし、上海や広州などの大都市の接客は、はっきり言って日本と比べ物にならないくらい、発展成長してきてます。

また、アジアを起点に展開している火鍋屋さん「海底捞」は、サービスがすごいことで有名!

他にも気持ちいい接客を受けれるお店が、増えてきてる中国

今回、友人経営者や中国人知人から教えてもらった、カルチャーショック!な「中国式おもてなし」を綴っていきたいと思います。

「服务」と「客情」

先日、中国の経営者セミナーに参加した友人から教えてもらった「中国式おもてなし」

「服务(fúwù)」と「客情(kèqíng)」

服务(fúwù)」は、店舗または仕事内で行われるサービスのこと

中国のお客様は、業務の範囲内で行われた接客サービスに関して、受けて当たり前とみなします

性价比不高(xìngjiàbǐbùgāo):コストパフォーマンスが悪いというこの言葉をよく聞きますが、中国のお客様はお金を払うことに関して、とてもシビアです。

「私は、サービスを含めての価格に対してお金を払っている

だからあなたが私にサービスをして、当たり前」

「服务(fúwù)」は、中国人お客様にとって受けて当たり前のサービス

ここから分かるように、営業成績を上げたい営業マンやカウンセラーは、業務外のことでお客様とのコミュニケーションを深める必要があるのです。

客情(kèqíng)」は、中国でいう「おもてなし」

簡単にいうと、お客様をパーソナライズし、お困りなこと・嗜好等を全て把握します

どんな些細なことでも把握し、欲しい物や情報を、片っ端から提供するということです。

俗にゆう、痒いところに届く「孫の手」のような存在になること


いや、日本や他の国でもやってるよ…..と思われた方。

次に私の中国人知人が、実際にやっている「客情(kèqíng)」の内容をお話しします。

実際に行われている「客情」

銀行にお勤めの中国人知人(男性Zさん)

彼は営業職なので、会社経営者や政府関係者とのお付き合いが絶えません。

顧客のお誕生日のプレゼントはもちろん、顧客のご家族の誕生日プレゼントも全てアレンジ

お客様のご子息が「〇〇の国に留学したいので、現地に知り合いがいたら安心できる」

と言われれば、自分の持ってるコネクション総動員で、お客様のニーズに応えます

驚いたのは、これ。

政府関係者は身分が身分なので、行動には気をつけなければいけません。

そこでZさんの政府関係のお客様から、不倫相手との夜の営みのためのホテル手配を依頼したい。とZさんにお願いするんだとか!?

しかもそれが一度ではなく何度も…

またそれが、その人だけではなく、複数人いるんだって…

そしてさらにさらに!!

驚きなのが、ホテルの宿泊費用はZさんの実費負担

政府関係者は支払わないそう…

驚きすぎて声を失っていたら「しょうがないよ、仕事だから」って。

このような頼みづらいことを心得てくれるZさんは、もちろん銀行の営業成績はトップクラス

中国の営業は、本当の意味でのパーソナライズ!

会社負担ではなく、実費負担で夜のアレンジもしちゃう!!

これを聞いて、日本のおもてなしと中国のおもてなしは、文化的に超絶異なることを知りました。

日本でも「客情」はある!?

「服务(fúwù)」と「客情(kèqíng)」の話を聞いて、思い浮かんだのは「エンリケ」こと小川えりさん

なぜかと言うと、先日エンリケさんの 結局、賢く生きるより素直なバカが成功する 凡人が、14年間の実践で身につけた億稼ぐ接客術を読んだから

「客情(kèqíng)」に、当てはまるようなことが書いてありました。

「まずはお客様の彼女と連絡を取り合って、お客様が仕事に行っている間にお部屋に潜り込んで彼女と私で料理を作る。 お客様が、帰ってくるタイミングで私はクローゼットに隠れて。持参したシャンパンを持って私が出て行った時の彼の驚きようがおかしくて。彼女と二人で笑ったなぁ。」
出典元: 結局、賢く生きるより素直なバカが成功する 凡人が、14年間の実践で身につけた億稼ぐ接客術

お客様の大切な人と、大切な時間を、よりかけがえのない思い出にする

ぶち抜いて成功している人は、顧客のパーソナライズを普段から徹底しているんだ、と実感しました。

お客様の想像を超える、一歩進んだおもてなし

サービス業に携わるものとして、レベルアップしていかなければいけないと身が引き締まりました!

まとめ

まさに「顧客の全てのライフスタイルに寄り添う」中国式おもてなし

仕事がらみの営業だけに関わらず、中国人は友達になると本当に頼りになります

何か困ったときに、自分のコネクション総動員で力になってくれます

私が中国に11年いるのも、中国の方々の手厚いおもてなしのおかげですね。

日々中国の方たちと一緒にいて、中国のおもてなしを見習わなきゃいけないと感じます。

日本では、マスコミの偏った報道のせいで、中国に対して悪いイメージを抱く人が多かいるのが現状です。

しかし、実際は報道していることと全く違うこともあるので、自分の目で見て判断することが1番ですね!

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

それではこの辺で!SAYA中平彩香@nakahirasayakaでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました