30代から気になる顔のたるみ!3つの原因と8つの予防ケア方法

健康・美容・食事

こんにちは!上海在住美容フリーランスのSAYAKA@nakahirasayakaです!

30代も半ばに差し掛かると、顔や身体の変化を極端に感じることが多くなってくるのではないでしょうか?

30代から気になるゴルゴ線や法令線などのたるみ….これらは何が原因でなるの?

もしかして、あなたが普段無意識にやっている習慣がたるみを引き起こしているかもしれない!

日々の習慣を少し変えるだけで、あなたのたるみの予防をすることができます。

たるみは、加齢と共に誰もが必ずしも持つ悩みです。

この記事を読むことによって、たるみの原因や予防法が分かり、すぐに実践できる方法もご紹介していきます。

是非参考にしていただければ嬉しいです。

たるみができる原因とは?

年齢と共に気になる「たるみ」

たるみの原因は「肌の弾力の低下」「筋力の低下」「代謝機能の低下」によって引き起こされます。

肌の弾力の低下

紫外線

たるみの原因の7割は、紫外線などの光が原因と言われています。

The New England Journal of Medicineで公開された下記の写真。

69歳の元トラックドライバー男性が、紫外線の恐ろしさを伝えています。

写真を見て、左右の顔が別人のように差がありますね。

なぜならこの男性は、仕事上運転席で顔の片方だけが長年太陽光に当たり続けていたからです。

また男性は一度も日焼け止めを塗ったことがないそうです。

紫外線は肌にダメージを与え、たるみができる原因に深く関わっています。

糖化

顔のたるみを引き起こす「糖化

「糖化」とは、食事の中で余分に摂りすぎた糖分が、体の中のタンパク質と結びつき「AGEs」という老化物質が蓄積していきます。

このAGEsはタンパク質であるコラーゲンと結びつき、コラーゲンを破壊します。

そうなると肌の弾力が失われ、たるみを引き起こすのです。

知らず知らずのうちに糖分を大量に取っている可能性が高い現代社会。

過度な糖質制限をする必要はありませんが、自分の生活の中で糖質をコントロールすることが大切です。

筋力の低下

筋肉」は、私たちの体を支えたり、動かしたりするものです。

加齢と共に筋肉量が減ると、この支えるという働きも衰えていきます。

太ももからお尻の重さは、片方で体重の約11.6%と言われています。

出典元:Estimating Urea Volume in Amputees on Peritoneal Dialysis by Modified Anthropometric FINDER ormulas

もちろんこの数字には個人差があります。

しかし、この数字をもとに計算すると、50kgの方であれば両足の重さは約11.6kgもあるんです。

筋肉の支える力が衰えると、体のお肉を支える力も弱くなるので、たるみにつながります。

お尻の筋肉が衰えると、お尻のお肉が下がります。

そうすると、お尻のお肉がお腹と腰のお肉を引っ張り、ぽっこりお腹・腰回りのお肉が増え、くびれがなくなります。

お腹と腰のお肉が胸のお肉を引っ張り、胸がたるみます。

胸の上には顔がありますので、身体のお肉が顔のお肉を引っ張り顔のたるみを引き起こします。

10kgお米一袋を想像すると、11.6kgの重さがどれだけ重いのかが伝わると思います。

代謝機能の低下

代謝機能が低下すると、皮下脂肪が厚くなるのでたるみやすくなります。

個人差はありますが、女性の代謝は15歳をピークにその後どんどん低下します。

出典元:TANITA Health Habit for Happiness

筋肉の低下でも先ほど触れましたが、皮下脂肪が厚くなると重さが増します。

地球には重力が働いていますので、その影響で重さを支えきれなくなり、お肉が下がりやすくなります。

加齢と共に代謝は悪くなりますので、代謝機能の低下はたるみの原因と考えられます。

たるみの予防ケア

ここではたるみを改善する方法を8つ紹介しています!

今日から取り入れられるものもありますので、無理なくはじめて、たるみを予防しましょう!

日焼け対策をしっかりする

先に触れた写真のように、紫外線はたるみを引き起こす影響大です。

紫外線を強く浴びるようなレジャー施設に行く際は、日焼け止め・日傘・帽子などで紫外線対策をしてたるみを予防しましょう!

顔のマッサージをする

スキンケアの際、化粧水やクリームをつけるときに一緒にマッサージをしてたるみを予防しましょう!

日々使っている顔の筋肉もほぐしてあげないと、巡りが悪くなり、たるみにつながります。

またストレスで歯ぎしりや食いしばりをしている方は、お顔の筋肉がかなり硬くなっている可能性もあるので、自分でマッサージもいいですし、エステサロンでプロのアドバイスを聞きながらマッサージを取り入れて、すっきりした顔を目指しましょう!

姿勢の矯正

猫背は、背中やお腹の力を抜いている状態で、本来使われるはずの筋肉が使破れておらず、どんどん衰えていきます。

筋肉は骨を支えているのですが、筋肉が低下すれば骨を支える力も弱ります。

そうなると、骨が歪むので血液循環やリンパの流れが悪くなり、代謝が低下し皮下脂肪が厚くなります。

正しい姿勢をすることによって、皮下脂肪が厚くなるのを防ぐことができるので、たるみの予防になります。

姿勢が悪くなっていると気づいたら、背伸びをして猫背にならないよう気を付けましょう!

下着を変える

普段つけている下着を、矯正下着や補正下着に変えることも、顔のたるみの予防につながります。

女性は男性に比べ筋肉量が少ないため、加齢と共に顔や身体のラインが崩れていきたるみやすくなります。

そこで補正下着を毎日の生活に取り入れることで、流れてしまったお肉を元の位置に戻してくれます。

また補正下着には、姿勢も矯正してくれる効果もあるので、姿勢の悪さも改善でき一石二鳥です!

補正下着が弱った筋肉を補助する働きをしてくれるため、運動嫌いな方は補正下着でたるみケアをしてあげることもオススメです。

運動・ストレッチをする

筋肉を使う運動をすることで、たるみを予防することができます!

それにおすすめなのが「スクワット」です!

スクワットは下半身の筋肉を鍛えることができるので、重力で下がってしまったお尻もUPすることができます。

身体は一枚皮でつながっていますので、下半身の筋肉を鍛えると全身のたるみも予防でき、結果的にお顔のたるみケアもできます。

また、筋肉を鍛えると「成長ホルモン」や「セロトニン」と呼ばれるHappyホルモンなどを分泌するので、肉体的にも精神的にも健康であり続けることができます!

運動が苦手な方は、ストレッチがオススメです。

筋肉をほぐしてあげることで、血液循環を良くし代謝をあげ、たるみを予防しましょう!

食生活を変える

食生活をちょっと変えるだけでも、顔のたるみの原因である糖化を予防することができます!

パン、コンソメスープ、サラダ、お魚のメインディッシュのランチを食べます。

あなたは通常、どのように食べますか?

たるみを予防したいなら、こちらの食べ方がオススメです!

コンソメスープ → サラダ → お魚のメインディッシュ + パン

パンなどの糖質類を先に食べてしまうと、血糖値を急激に上がり、糖化の原因である「AGEs」ができやすい環境を作ってしまいます。

先ほど上げた順序は、血糖値を緩やかに上げる食べ方です。

まずはスープなどの温かいものを食べ、身体を温めます。

その後、サラダなどの野菜を食べ、消化の準備運動をします。

主食の前に、糖質の分解・吸収を緩やかにする野菜などを食べると、血糖値の急激な上昇を抑えられるのです。

食事の際、食べる方法を少し変えるだけでも、たるみの予防ができますので、是非今日から試してみてください!

体重のコントロール

ダイエットをして太ったり痩せたりを繰り返すと、皮膚はその変化に追いつけません。

例えば、風船に空気を入れて膨らました後に、それを抜くとゴムが伸びきった形の風船になりますよね。

太ったり痩せたりを繰り返すことは、私たちの皮膚も風船と同じようなことが起きてしまいます。
伸びた皮膚がたるみとして残ってしまうのです。

体を温める

身体の冷え」も代謝が低下する原因になりますので、顔のたるみと関係しています。

身体を冷やさないような生活を心がけて、血行促進をし身体全身の巡りを良くしてあげることが大切です。

このブログの中では冷え性で悩む方必見!最強の温め食材「シナモン」の驚くべき5つの効果と使い方!の記事を書いています。

併せて参考にしてみてください!

まとめ

加齢と共にたるみが出てしまうのは、避けられないものではありますが、日々の生活のちょっとしたケアで予防することが可能です。

私が30代半ばに差し掛かり、実際に試している8つのケア方法をまとめました。

  • ・日焼け対策をしっかりする
  • ・顔のマッサージをする
  • ・姿勢の矯正
  • ・下着を変える
  • ・運動・ストレッチをする
  • ・食生活を変える
  • ・体重のコントロール
  • ・体を温める

筋肉の低下を抑えられるので運動はオススメですが、どうしてみ運動が苦手!という方は補正下着から始めてみてください!

補正下着はプロにオーダーメイドしてもらうのが1番です!

こちらのマルコの補正下着は、無料試着体験でプロのアドバイスを聞くことができます。


顔のたるみは見た目の印象に大きく関わるので、自分が無理なく始められそうなことを毎日少しずつスタートしていきましょう!

継続は力なりで、毎日続けることで、いつまでも若々しい印象を目指すことができます。

30代は自分の年齢としっかり向き合い、たるみ知らずのすっきりとしたお顔を目指すよう心がけたいですね^^

それではこの辺で!SAYAKA@nakahirasayakaでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました